SNOWLOVEスペシャルコンテンツ SNOWLOVEスペシャルコンテンツ

日本中はおろか世界中のスキーリゾートを見て、滑って、遊んで30余年。現在、白馬に暮らし、アスリートたちと冬の信州を楽しみ尽くしているおとこあり。
NAGANO SNOWLOVE.NETとも深~いゆかりを持つこのおとこ=X氏が、顔出し、名前出し、声出しNGながら、満を持して語る「スキー場で気持ちよく滑る秘訣」。
3回シリーズでお届けします。

  • タイトルは「知らないなら教えてあげよう」を意味する歌舞伎の名ぜりふから。

第3回
スノーリゾート信州を百倍楽しむ方法 【スクール編】

技術があったほうが断然楽しい!!
だからスクールを活用しよう

いい滑りは七難隠す?

SNOWLOVE事務局(以下SNOWLOVE) スキーでもスノーボードでも、ゲレンデで一番目立つのは、なんといってもうまい人の滑りだよね。スキー場でいい滑りをしている人って、男女を問わず、容姿や人柄までいい人に見えちゃうから不思議だね。

X氏 そうだね。かっこよく滑ってる人がいると、みんなが注目するし、あこがれのまなざしを注がれるよね。

SNOWLOVE 古いことわざになぞらえて「いい滑りは七難隠す」って感じかな?

X氏 ゲレンデマジックなんて言われたりもするけど、そのたとえは実感としてよくわかる。ゲレンデで注目されたいなら、なによりうまくなること、だね。それに、うまくなればなるほど滑る本人が楽しいよね。人から注目なんかされなくても、滑ること自体が気持ちいいだろうし。うまくなればなるほどスキーやスノーボードの楽しさ、奥深さにはまっていくんだろうね。

上達の決め手は ずばり スクール!

SNOWLOVE うまくなる秘訣ってなんだろう?

X氏 ずばり、スクールに入ること、だな。基礎を身につけると、そこから先の上達が断然違うよ。
もちろん自己流で経験を積み、うまくなってる人はたくさんいるよね。でも、実は好ましくないクセや、動きの無駄なんかに自分で気づいていないケースが多いんだよ。もっと上達したいと思った時に、自己流だと壁にぶつかりやすいし、そこから先になかなか進みづらいということはあるだろうな。
スクールで学ぶ一番のメリットは、「専門家に教えてもらえる」ってことだね。スクールのインストラクターは、最新の理論や実技を体系的に学んだうえで経験を積んでる、いわば「教えるプロ」。滑りがかっこいいのはもちろん、指導が的確なんだよ。人の滑りを見て、どんな点をどうすればもっと上達できるかを、正確にわかりやすく伝えてくれる。指導を受けることで、自分の滑りが今どういう状態にあるのかを客観的に知ることができるんだ。

SNOWLOVE なるほど。学校っていうとなんだか堅苦しいイメージがあるけれど、自分の滑りを知るために指導を受けると考えればいいんだね。
たしかに一流のスポーツ選手だって、いいコーチや、いい指導者との出会いでパフォーマンスが激変するよね。テニスしかり、フィギュアスケートしかり……。

X氏 そうそう。だから大人の場合は、団体よりマンツーマンでレッスンを受けるといいね。ある程度の経験者がスクールでレッスンを受けて、見違えるように華麗な滑りをするようになったのを、ずいぶん見てきたよ。いいインストラクターは、個人の力量やクセを見極めて、その人に合わせた指導をしてくれるんだ。話もうまい人が多いしね。楽しくレッスンできると思うよ。

SNOWLOVE 仕事や子育てでブランクがあった人が、再デビューするときなんかも、一度スクールに入れば身体が思い出しそうだし、安心してゲレンデに出られそうだね。

X氏 かつてガンガン滑ってたシニアにも、スクールはおすすめだよ。若い頃と今とでは体力、柔軟性、瞬発力が絶対変わってる。それに気づかず、自分を過信して危ない滑りをしないためにも、客観的に見てもらうことは重要だね。

子どもはスクールを経験すべし!

SNOWLOVE 最近はキッズ向けのレッスンプログラムを充実させているスキー場が多いね。

X氏 子どもは、ぜひ初心者のうちにスクールを経験しておくことをおすすめしたいな。初めてスキーやスノーボードを経験する際、たいていの子が恐怖心を持つんだ。自分の意思に関係なく滑ってしまうからね。転ぶと痛いし。
スクールで基礎を身につけると、自分で滑りをコントロールできるようになるし、安全な転び方も学ぶだろ。恐怖心がなくなると、楽しさが大きくなるよ。身体の柔軟さを生かして、ゲレンデを思う存分楽しめるようになるだろうな。

SNOWLOVE 子どもが上達するのは、親にとってもうれしいことだろうね。

X氏 そうなんだけど、実は、子どもがレッスンを受けているとき、親は近くにいない方がいいんだ。ひとりならがんばれるのに、近くでママやパパが見てたら、どうしても甘えちゃうだろ。本来身につくことが、身につかずに終わっちゃうなんてこともあるからね。

SNOWLOVE おぉ~、たしかにそうだ。親も、目の前で我が子ががんばる姿を見たら、つい甘やかしたくなるかもね。
ところで、いいスクールはどうやって選んだらいいの?

X氏 スキーならSAJ(全日本スキー連盟)やSIA(日本プロスキー教師協会)、スノーボードならJSBA(日本スノーボード協会)の公認あるいは認定のスクールが安心だね。なかでも伝統ある老舗スクールで、経験豊富で人間的にもすばらしいインストラクターやプロ教師に教わることをおすすめしたいな。研究熱心な人も多く、いろんな意味で楽しく学べるよ。
スキーもスノーボードも、技術があったほうが断然楽しい。世代や経験を問わず、スクールを活用することをおすすめするよ。

スキースクール一覧はこちら!