NAGANO SNOW LOVE ゲレンデレポート「スノレポ」 SNOWLOVE会員のレポーターが長野県のゲレンデの魅力をお伝えします!

2017.02.23

北志賀Mt.KOSHA 5ゲレンデ周遊♪

unnamed
長野県北部の中野市・木島平村・山ノ内町にまたがる標高1351mの高社山には、5つのスキー場があります。

「よませ温泉」「X-JAM 高井富士」「やまびこの丘」「北信州 木島平」「牧の入スノーパーク」です。これら全てのゲレンデを一枚のリフト券(4100円)で滑ることができる!と気付き、周遊してみました。

稼働リフトには全て乗車。コースもほぼ制覇。気に入ったコースは数本繰り返し滑走というペースで、たっぷり丸一日滑り倒して全スキー場を網羅できました。愉しかったです♪

スキーなので、リフト降車後にすぐに滑り出したり、ちょっとした斜面は登ったりもしました。スノーボードだと登らずにリフト乗車での接続などが必要になるので、もう少し時間が掛かると思います。

周遊の起点・終点には「よませ温泉」を選びました。

P2187252P2187244
よませ温泉
滑走者のほとんどがスキーヤー、それもレーシングスーツを着込んだ競技者が目立つゲレンデです。ゲレンデ上部の非圧雪コースに細い競技板や基礎板で入る、道具に頼らない巧いスキーヤーが多いですね。硬派な雰囲気です。

P2187246P2187251
一部コースは規制されて滑れませんでしたが、見晴らしの良いコースをみなさん非常に高速で滑っています。

P2187248P2187253
隣の「X-JAM 高井富士」への移動ルートは二つ。
一つが第3リフト下から分岐する連絡コースで、上の写真のような案内があります。

P2187384P2187385
もう一つは、コース山頂から分岐する非圧雪のかもしかコースです。

 

P2187275P2187274
X-JAM 高井富士
稼働リフトは5本中4本。第2ペアリフトは動いていませんでした。
第3ペアリフトは「X-JAM 高井富士」→「よませ温泉」の移動リフトなので、滑走時には利用しません。

ちなみにこの日は、エックスジャムアクセスリフト沿いで3つの大会が行われていました。

P2187261P2187260
ハーフパイプ。
私自身、リップから出たことがありませんし、出るイメージすらできません…。
飛び出してメイクするなんて、超人ですね。

P2187389P2187269
スロープスタイル。
こすって、飛んで、タテにもヨコにも回っていました。こちらも超人です。

P2187283P2187388
スノーボードクロス。熱気に溢れていました。

P2187272P2187279
第1ペアリフト沿いは、スノーボードの初心・初級者で賑わっています。
斜面に止まっている or 座っている人の方が多いコースです。

P2187290P2187294
上達したら第6ペアリフトでアクセスする、少し斜度のあるコースがオススメです。
「やまびこの丘」への連絡コースも、この上部からアプローチします。

 

P2187298P2187297
やまびこの丘
尾根を越えると雰囲気がガラリと変わります。ゲレンデツアーの面白みですね。
BGMがなく、自然の中に身を置いている実感が強まります。

P2187295P2187296
適度な中斜面に幅広いコース。混雑していないので、気持ちよくカービングターンが描ける穴場ゲレンデだと思います。すぐに移動せず、しばらく繰り返し滑りました。

P2187300P2187301
続く「木島平」へは、連絡リフトにてアプローチ。

 

P2187340P2187319
北信州 木島平
第3山頂ペアリフトは稼働していましたが、残念ながら滑走は不可。
見学は出来るので、リフトには乗ってみました。

P2187307P2187313
山頂へ向かうほどにガスが濃くなり、二つ前の搬器すら見えないほど。
幻想的な風景に、見通しのきかない視界。冷え込みも増して行きます。

自然の厳しさを肌で感じながら到着すると警告表示が。

P2187314P2187317
しかも避難所まで…。
雪温-7.2度。握っても固まらないドライコンディション。雪質はいいですけどね…。

 

P2187321P2187327
山頂トップから徐々に下部へと滑り込んでいくと、視界も少しずつ晴れて賑わいが増していきます。

P2187332P2187334
第10ペアリフト沿いには、全長800mものながぁ~いそりコースが!
ボトムの「こどもひろば(キッズワールド)」内にはそり専用エリアもあります。

 

P2187357
ランチは、ゲレンデ中腹の「山の家 パーニス」にて。

P2187347P2187351
自家製スモークの盛り合わせ(左)とハンバーグとフライのランチプレート。

P2187349P2187354
ビーフシチューはサラダ、パン、コーヒー付き。自家製パンが美味しかったです♪

 

P2187359P2187360
ゆっくり食事をしてお店を出ると、山頂のガスが晴れていました。
おっ、もしかしたら滑走可能になったのか? と、しばらく眺めていましたが、滑っている人はおらず…。あきらめて、隣の「牧の入スノーパーク」へ移動。

 

P2187371P2187377
【牧の入スノーパーク】
しばらくお休みをしていたゲレンデですが、今シーズンはリフト2本で復活。木島平のリフト券でも滑り込めます。しかも、単独なら1000円と破格っ!!

P2187373P2187376
ひろぉ~くて、開放的で、綺麗な圧雪バーン。極上です♪
まだ何色にも染まっていないゲレンデを思いっきり独り占めしちゃいました。

P2187375
レストハウスも営業していましたよ。

ここから復路は、スキーで2時間弱。とっても刺激的な1日でした。

こうしたゲレンデ周遊にはある程度の滑走技術が必要ですが、移り変わる景色に好奇心が刺激され、集中力も途切れることなく楽しめます。斜度や雪質の変化を感じられる連絡コースですら、思わず心身が熱気を帯びるような、そんな充実の滑走体験が得られました♪

ぜひ皆さんもトライしてみてくださいね。

記事を書いたレポーター
SKILOVE
SKILOVE

夏も滑っているスキーフリーク。シーズン滑走日数50日、さらにスノレポ3シーズン目と滑り込んでいるつもりなんですが…。 長野県には未体験スキー場がたぁ~くさんあるので、訪れて堪能してレポートしますっ!! 【山梨県在住/40代/男】【メインギア:スキー】

Facebook
Twitter
Facebook
Twitter