NAGANO SNOW LOVE ゲレンデレポート「スノレポ」 SNOWLOVE会員のレポーターが長野県のゲレンデの魅力をお伝えします!

2018.03.10

~白馬山麓を彩る光と音の共演~ 栂池高原 雪の祭典

夜のゲレンデの幻想的な雰囲気が好きで、そこで上がる花火が見たい!ということで、行ってきました。

「 第47回 栂池高原 雪の祭典 」

栂池高原スキー場 ゴンドラリフト「イブ」の乗り場近くにある中央駐車場に車を停め、そこから鐘の鳴る丘ゲレンデまで5分ほど歩きます。
冬の白馬エリア最大級のイベントのようで、沢山の人で賑わっていました。

P2240263

特設会場にて夜19時半スタート。
実行委員会と小谷村村長さんの挨拶の後、鏡開きが行われ、振舞い酒が配られました。車で来ていたレポーターはとても残念でしたが味わうことが出来ず、無料で配られていた甘酒を頂きました!温かい甘酒のおかげで、体も心もぽっかぽかになりました。寒い中で頂くと、より一層美味しく感じますよね 😛
お餅とお菓子のばらまきも行われ、オープニングステージは大盛況でした。

その後ステージは後ろのゲレンデへ。
いよいよスキー場ならではのイベントが始まります。

ゲレンデ上部に小さな人影が…
だんだんとこちらに近づいてきます。

P2240274

地元の子供たちがペンライトを手に滑り降りてきました。ペンライトがふわふわと揺れてとてもかわいい 😀

子供たちによるスキーチームもきれいなシュプールを描いて降りてきました!

P2240280 P2240277

後ろのステージにはご当地アイドル「パラレルドリーム」も来てくれましたよ 🙂 雪が降る中、半そで&スカートで出演されていて、アイドル魂が伝わって来ました!オープニングとエンディングを元気な歌声で盛り上げてくれました。

その後、今までゲレンデを照らしていた明かりが消え、辺りは暗闇に包まれました。その中で太鼓の音だけが響きます。「松川響岳太鼓」の方々の力強い演奏が始まり、静寂の中、音が凄い振動で伝わって来ました。それに合わせて暗闇の中で赤い光がぽつぽつと灯り始めます。

P2240291 P2240311

P2240318一般のスキーヤー、スノーボーダーによる、松明滑走の列が降りてきました!皆さん手には赤々と燃える松明を持っています。中には勢いよく燃える松明も!ゆらゆらと燃える光が散りばめられ、とても幻想的で、ゲレンデが暖かな光に包まれていくひと時でした。この松明滑走のエントリーは当日でも受け付けていましたので、興味がある方は来年参加されてはいかがでしょうか?きっと良い思い出になりますよ~

幻想的な時間の後には再び面白いイベントが
栂池高原スキー場スキー学校によるデモンストレーション滑走が行われました。皆さん、さすが、きれいな列を成して降りてきます。2人乗りに改造したスキーも登場しました!

P2240337

日々ゲレンデの安全を守って下さっているパトロール隊の列も降りてきました。その先頭に乗っているのは小谷村のゆるキャラ「たりたりOTARI」です!そして、、、後ろで運ばれてきたのは何と「ガリガリ君」!!突然の登場に会場も大盛り上がりです。

P2240343

雪が舞う寒ーい中で、「ガリガリ君 おんせん饅頭味」を配ってくれました!寒がりのレポーターは手が出なかったのですが、一体どんな味がするのでしょう…?

P2240347

周りがガリガリ君に舌鼓を打つ中、圧雪車によるピステンパレードが始まりました!圧雪車が動いているのを間近で見るのは初めてでしたが、大きくてとても迫力がありますね。何台も連なってくるとより一層です。一定の場所でくるくると回ったり、面白い動きも見せてくれました。圧雪車のおかげで、毎日気持ちよくピステンバーンを滑ることが出来るので、感謝感謝です。個人的に朝一でカービングの練習をする時、ピステンのかかり具合はすごく気になるところですが、栂池高原スキー場のピステンバーンはとてもきれいで滑りやすいのでお気に入りです。

P2240354

そして、ここで残念なお知らせが…
雪不足のため、予定されていた「炎のゲート・火の輪くぐり」が中止になったそうです。キッカーを飛んで火の輪をくぐる恒例のあのイベントが中止だなんて…来年は大きなキッカーが出来るだけの降雪があると良いですね!

楽しかった雪の祭典も終盤に差し掛かって来ました。最後の大イベント、打ち上げ花火です!日々思っている感謝のメッセージを一緒に伝えられるメモリアル花火も打ち上げられ、聞いているこちらも心が温かくなりました。なかなか出来ない事ですが、一生に一度くらい、大切な人に向けたメッセージを花火に乗せて伝えるのも良いかもしれませんね。送った方も、送られた方も一生の宝物になりそうです。

P2240378

そしていよいよフィナーレへ。「松川響岳太鼓」の演奏と花火の共演が始まりました。太鼓の音と花火の光による演出は、この広大な場所にふさわしく、まさに圧巻!とても力強く迫力があります。寒さも忘れてしまえるほどの感動でいっぱいでした。

雪があることで多くのウインタースポーツが楽しめる。「雪の祭典」の名のごとく、これからも雪が降り続いてくれるよう願い、雪の恵みに感謝したいですね。普段スキーやスノーボードをやらない方でも気軽にゲレンデに赴くことが出来るイベントです。身近にゲレンデを感じてみて、スキー、スノーボードに少しでも興味を持てたら、ぜひ初めてみてはいかがでしょうか?寒いだけだった冬がきっとかけがえのないものに変わりますよ!

 

 

記事を書いたレポーター
Luunaa
Luunaa

はじめまして!北信地域を中心に滑っているLuunaaです。フリーランメインで、パウダーも大好きです。いろいろなスキー場の魅力と、その周辺の食事、温泉も紹介していけたらと思います。 【長野県在住/30代/女】【メインギア:スノーボード】