NAGANO SNOW LOVE ゲレンデレポート「スノレポ」 SNOWLOVE会員のレポーターが長野県のゲレンデの魅力をお伝えします!

2017.03.27

ゲレンデナイトツアー・ファーストトラック@白馬コルチナスキー場

【ゲレンデナイトツアー】
P3187857 P3187856
ナイター営業が終了した後に、ゲレンデへ登る”ナイトツアー”に参加。
初体験なことばかりで、ドキドキの連続♪

P3187858
21時の少し前、パトロール室にて同意書にサインをしたり、行程の説明を受けます。
オデコに装着するヘッドライトをお借りします。滑走時の明かりはこのヘッドライトのみになります…。

01
ナイター営業終了直後、スノーモービルにて池の田ゲレンデを登ります。
ライトアップされたコースのモービル走行、ワクワクと浮足立ちますっ♪

03
第四ペアリフトに乗車してコース山頂を目指します。
左上の明かりがヘッドライト、うっすらとリフトの支柱が見えます。
視界は、画像下のヘッドライトの明かりのみ。
足元プラプラなリフトで、自然の闇を感じます。

05
リフトから降りると、リフト稼働が停止。光に加えて、音も無くなります。
なにか本能的にヤバい状況に置かれていることを感じますが、ガイドさんとパトロールさんの優しい声掛けに救われます。
そして、コース山頂から稗田山尾根コースをガイドさんの先導で滑ります…。
日中滑っているのですが、まったく経験のしたことのない滑走感。

P3187861
真っ暗な中を滑走していると、右手に明かりがぁ…。
栂池のコース整備や宿の明かりにホッとします。

P3187865 P3187867
左手に移動すると、ナイター照明の池の田コース。
しばらくするとコース照明は消えて、ホテルの明かりのみに。
上を見上げると、星空。
見えない・聞こえない状況なのに、なにか感覚が研ぎ澄まされてきます。

06
初体験、スノーモービルに牽引されてコース山頂へ再び登ります。
ガイドさんが右脇で牽引。滑らない同行者がモービル後席。
パトロールさんがモービルを運転。
引っ張られての滑走感も初めてですが、雪面の見えない状況で転ばないように注意を払うけど、過敏になってもダメという集中力。
多分、数分間のほんのわずかな時間だと思うのですが、濃厚に感触を覚えています。

07
コース山頂からは林間コースをガイドさんの先導で滑ります。
中斜面の稗田山コースを迂回する林間コースなので、平坦な緩斜面なんですが、片側は山ですが反対は谷へ落ちます。
コースの真ん中を滑ることだけに注意を払い、ガイドさんに置いて行かれないようについていきました。

08
迂回林間コースで、稗田山コースの真ん中まで降りてきました。
遠くの明かりは、ホテルです。
方向さえ分かれば、幅の広い稗田山コースなので降りられると思い、ガイドさんに申し出て滑り出しました。滑り出してすぐにかるぅ~く後悔。
日中、緩んだゲレンデの凹凸がそのまま凍り付いて硬い凹凸に…。
ターンではなく、バランスをとりながらの横滑り。

09 10
ナイター営業の池の田コースまでようやく降りてきて、
ここからはガイドさんの先導をやめて、先頭で滑ることに。
視界の暗さ、見えなさが桁違い。足元の感覚だけを頼りに滑走します。
方向は、ホテルの明かりを目指すので間違いありませんが、今まで感じたことのない滑走感。自分自身を信じることも大切なんだと思います。

11
パトロール室までたどり着いて、一安心。
滑らない同行者は、スノーモービルに大満足♪

いい経験ができました、ありがとうございます。

 

【ファーストトラック】
P3197886
宿泊者限定、先着10名のファーストトラック滑走に予約をしての参加。
通常営業の15分前にリフト乗車ができます。

P3197890
スクールのイントラ2名によるアテンド。
第一ペアリフトに乗って、一本松コースを滑ります。
なんと、滑走中の様子を撮影してくれるとのことっ!! 無料なのに。

P3197893
予約の順番で滑ります。
適度な中斜面は、誰も居ません。
ハレバレとした気持ちで開放感に満たされての滑走♪

P3197901
撮影データをディスクで頂きました。

嬉しいです、ありがとうございました。

記事を書いたレポーター
SKILOVE
SKILOVE

夏も滑っているスキーフリーク。シーズン滑走日数50日、さらにスノレポ3シーズン目と滑り込んでいるつもりなんですが…。 長野県には未体験スキー場がたぁ~くさんあるので、訪れて堪能してレポートしますっ!! 【山梨県在住/40代/男】【メインギア:スキー】

Facebook
Twitter
Facebook
Twitter